チーター!
HOME ABOUT PRODUCTS GALLERY SUPPORT SHOP



ABOUT CHEATER


「ジャグリたいのにジャグれない!」ストレスを気づかないうちにため込んでいませんか?



DVSのセットアップ例〜スクラッチライブSL3の場合 バイナルのプレイヤビリティーにこだわる多くのプロは、PCDJ時代に突入しても、バイナルでのプレイを望みます。
 PCDJの便利さとターンテーブルの操作感を融合したDVS(デジタル ヴァイナル システム)は、現在の最新のテクノロジーによって実現し、今や世界定番となっています。 レーン/セラトの「スクラッチライブ」や、ネイティブインストゥルメンツの「トラクタースクラッチ」が、その代表的なシステムです。 しかし、これらのスタイルによって便利になった点は多々ありますが、プレイヤビリティー的にまだ融合が不十分な点もあります。 例えば、DJソフトに搭載されているキューポイント機能では、仕込み無しのとっさのジャグリングやキュー設定変更などを、タンテ時代のように感覚的に行う事ができません。 コンピューターモニターの波形を確認してボタンを押すという動作的ストレスは、重要なDJカルチャーの一つである「とっさのジャグリングプレイ」などを気づかないうちに、退化させてしまうことでしょう。

 しかし、その心配はもう要りません。 この「CHEATER(チーター)」を使えば、以前のように、バイナル側で自在にキューマーキングができるので、「ジャグリたいのにジャグれない」ストレスから解放され、フロアを沸かせる為の、自在な表現方法を取り戻すことができるのです。 つまり、選曲時以外は、従来通り、ターンテーブルとDJミキサーを見てプレイをすればいいのです。





簡単なしくみ にも、ノウハウが詰まっている「CHEATER」

4年間の研究の末、たどり着いた答えが、この「かたち」です。 CHEATERのしくみは簡単です。 バイナルのレーベルの上に、強磁性体にくっ付く「CHEATER専用レーベルシール」を貼ります。 その上に、時計の針のように型取ったマグネットシートを載せるだけです。 指先で、その方向をかんたんに動かすことができますが、激しいスクラッチやキューイング時には、その位置からはズレません。 ただ、それだけのことです。 しかし、これには、多くのノウハウが詰まっています。

 今現在、工業製品として世界で最も薄いとされている強磁性体にくっ付く材料を「CHEATERレーベルシール」に採用しました。 これにより、操作時の指先の違和感を無くすだけでなく、バイナルを裏返した時にも、盤表面に凹凸を作らず、両面ともに、プレイに支障は発生しません。 更に、シルク印刷の上には、針の回転時の摩擦による表面劣化を最小限に抑える為に、PP貼りを施しています。 この材料は金属のため、また、折り目が着きやすい為に、特別な管理下における加工と製造技術を要し、日本の職人魂により、丁寧に作られています。
 そして、イエローの強磁性体の針は、精密な着磁ピッチで片面多極着磁処理されたフェライトマグネットで、バイナルの激しい往復運動でも動かないほどの強い吸引力を持ちながら、それでいて、指先で動かしやすい吸引力の緩さと厚みを研究し、多くの現場テストを行いベストの材料を選択しました。 また、視認性を考慮し、レモンイエローカラーの蛍光フィルムが施されています。 
 磁性体技術については、日本が世界に誇れる分野であり、本モデルは、その世界ナンバーワンの技術とシェアを持つトップ企業の特別なバックアップにより実現しました。 想像力のない儲け主義の会社が類似品を作ろうとしても、おそらく、ここまで精巧で、かつ、現場で使える仕様に仕上げることは、まず不可能でしょう。

MADE IN JAPAN







ページTOPへ


COPYRIGHT(C) 2011 SOUND ACTIVE CORPORATION ALL RIGHTS RESERVED.
当ホームページに掲載されている全頁全てのコンテンツ(文章・画像・イラストなど)の無断転載などは、固くお断りします。

製品に関するお問い合わせ : 株式会社サウンドアクティブ : 
info@soundactive.jp まで
会社概要はこちら